景観

2016 夙川の桜!

やはり桜は芦屋川より夙川。

桜の樹の数も、そぞろ歩く道も、夙川の方が
趣があります。
芦屋川は河川の両脇がすぐ車道ですから。
桜の数ももうひとつ。
夙川は河川に沿ってずっと歩くことができますし、
土の遊歩道、というか散策の道があります。
今の桜はこんな感じ。
160401_13250100010001
だいたい6分咲きでしょうか。
 
夙川の桜は阪神香櫨園駅から阪急苦楽園駅あたり
までがずっと歩けて絶好の景色になります。
ただし、スーパーは夙川駅のダイエーくらいしか
ありませんから、お弁当や飲み物は用意してから
電車に乗ってください。
駐車場はありませんので。
近隣住民の迷惑になるので、夜間(6時以降)の
花見宴会は禁止です。
とおり抜けはできます。
通常の街灯のほかには特にライトアップはありません。
バーベキューなど火を使うのも禁止です。

こんな立札がありました。
160401_1332010001



なので、10日までにどうぞ。
この週末(4月2日)から1週間位が見頃でしょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

阪急路線バスで巡る芦屋西宮

「芦屋市六麓荘町」の画像検索結果

同じ地図ばかりですみません。
西宮市の阪急夙川駅と芦屋市のバスの終点・芦屋浜
営業所を結ぶ路線バスがとても面白い、という話です。
ごく単純に言って、芦屋も西宮のこのあたり(夙川から上ですが)
も、山側が高級住宅地です。
ただし西宮市はやたらと面積が広いので、上記「このあたり」
に限った話になります。
夙川からこの路線バスに乗ると、まずは山に向かって走り
ます。
夙川⇒苦楽園麓(ふもと)⇒苦楽園一番町⇒苦楽園⇒
苦楽園五番町 と坂道を上がっていくのですが、このあたり
にも素敵な家が点在しています。
五番町まで上がると、ものすごくクネクネした坂道で、よく
大型バスが走るわ、と思うくらいの細い道を下ったり上がったり
して進みます。
すると突然視界が開けます。
芦屋市六麓荘町に入ったのです。
電線がありません。
余計な電柱がありません。
バス停で言うと「日出橋」(ひのでばし)
「芦屋市六麓荘町の画像日出橋」の画像検索結果
↑こんな感じ。
街灯だけがあります。
「芦屋市六麓荘町の画像日出橋」の画像検索結果
ここで降りて六麓荘を見学するのも可。
個性的な豪邸が並んでいます。
「芦屋市六麓荘町の画像日出橋」の画像検索結果
ここから徐々に「下界」に降りてゆきます。
坂道を下って、
岩が平⇒水道橋
このあたりに高級スーパーの「イカリ」があります。
⇒JR芦屋。
大丸百貨店が入っている「モンテメール」は芦屋の玄関口。
ちなみに「モンテメール」はフランス語で「山と海」
芦屋は面積が狭く、阪神間で一番「山と海」が近いのです。
バスは
JR芦屋⇒阪急芦屋川へと向かいます。
阪急芦屋川から芦屋川沿いを走って南下し、阪神芦屋へ。
この道中の芦屋川沿いにも豪邸が。
「芦屋市芦屋川沿い豪邸 画像」の画像検索結果
「芦屋市芦屋川沿い豪邸 画像」の画像検索結果
芦屋川の東側はテニスコートと公園。
「芦屋市芦屋川沿い豪邸 画像」の画像検索結果
「芦屋市芦屋川沿い豪邸 画像」の画像検索結果
さらに下ってゆくと芦屋図書館や谷崎潤一郎記念館が
あります。
「芦屋市芦屋川沿い豪邸 画像」の画像検索結果
昔は、ここから南は海でしたが、今は埋立地が広がって
いて、すばらしい家並みと街路、大きな公園など、
『新』芦屋市民の美しい住宅地になっています。
まあ、とにかくこの路線バス。
芦屋の風景を知るにはいいですよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)