« 節分は「巻きずし」ですが・・・・。 | トップページ | 芦屋の「神戸屋cafe」 »

芦屋・宮川の渡り鳥

芦屋を流れる川は、

芦屋川と宮川です。


ちょうど芦屋の東と西を山から海にむかって
流れています。
宮川は海に近いあたり、特に、芦屋図書館のとおり
を超えたあたりからがいいです。
「いい」というのは、川幅が広くなって、
渡り鳥が多く見られるようになるからです。


たとえば、これ。
なんという鳥か知りませんが、この寒い時期によく
見かける鳥です。
だいたいひとりなんですよね。
ちょっと寂しそうに見えますが、孤高が
合っているようにも見えます。
Img_20170216_045618



こちらは、たぶん「かもめ」だろう、と。
たくさんいます。
Img_20170216_045739



暖かくなってくると釣りをする人を見かけますから、
このあたりは魚も多いのでしょう。

公園もあってウォーキングにも最適。
さらに先の橋を渡ると、南の埋立地。
芦屋陽光町のあたりになります。

このあたりは建物の高さ制限が違うのでしょうか?
けっこうな高層マンションがあります。
きれいな「老人ホーム」があるのも、
芦屋らしいといえば言えますね。


« 節分は「巻きずし」ですが・・・・。 | トップページ | 芦屋の「神戸屋cafe」 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482676/69616735

この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋・宮川の渡り鳥:

« 節分は「巻きずし」ですが・・・・。 | トップページ | 芦屋の「神戸屋cafe」 »