« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年9月

「勇者たちへの伝言 いつの日か来た道」

これは「大阪ゆかりの本」として

大阪の書店員に選ばれた本です。
西宮の書店にもたくさん置かれています。
舞台は阪急西宮球場
「阪急西宮球場画像」の画像検索結果
「阪急西宮球場画像」の画像検索結果

この球場があった頃のこの辺の商店街が舞台でも
あります。

現在の「西宮ガーデンズ」がある場所ですね。
物語は中年の放送作家が「西宮北口」での電車の
車内アナウンスを「いつの日か来た道」と聞き間違える
のをきっかけに過去に遡っていきます。

かつて父親と一度だけ行った「西宮球場」
少年だった自分と、まだ生きていた父親が過ごしていた
人生の日々。

かつての「阪急ブレーブス」は”勇者”の名のとおり、
強いチームでしたがパ・リーグで連覇を重ねながら
人気はありませんでした。
関西人はやっぱり「阪神タイガース」
負けても、負けても、たまに勝つ。
それも巨人に勝ったりするので応援するのです。
「常勝」阪急には興味なし、という感じでしたね。

西本監督、ピッチャー山田、盗塁の福本、ほかに
長池、足立・・・・、
決してファンではなかったものの、覚えている名前は
あります。

「阪急西宮球場画像」の画像検索結果


阪急西宮球場は、阪急ブレーブスを愛した人には
聖地でしたし、、この球場の思い出を大切にしている
人も多いでしょう。

そんな人たちのひとりとして、この作品では
父親のかつての淡い恋(?)の相手が登場します。
彼女のその後の人生は大変に困難な毎日に
なってしまいますが、奇跡的に生き延びます。
彼女を支えたのは、大切な思い出であり、
この辺の記憶でもあります。


かつて多くの人が声援を送り、愛した場所があった。
選手も観客も、
ここで生き、ここで人生を楽しんだ。
作中には当時活躍した選手のその後も出てきます。
今は形がなくなっても、
過去の思い出はしっかりと生きているんだな、と

「阪急西宮球場画像」の画像検索結果


「阪急西宮球場画像」の画像検索結果

そのときの熱い思いは、
選手にとっても観客にとっても、ただの思い出ではなくて、
今を生きる支えにもなっているんだな、と
そんなことを思わせてくれる作品です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

西宮神社で「観月祭」

2016年は9月15日(木)に「観月祭」が行われます。

18:00からのスタートです。

「観月祭」は一般公開で誰でも参加できます。
ただし「椅子席」を確保するなら早めに行かれるほうが
いいです。

「西宮神社観月祭画像」の画像検索結果

神社境内で、祭壇に供物が並べられ、祝詞の奏上、
舞楽の奉納、があります。
この舞楽は古代の衣装をまとった女性たちの舞、
さらに「かぐや姫」の舞と続きます。

「西宮神社観月祭画像」の画像検索結果

最近は「縁側」などがない家が多く、「お月見」気分が
なかなか味わえませんから、雅楽を聴いて、月を見上げる
のもいいのではないでしょうか。

「西宮神社観月祭画像」の画像検索結果


「観月祭」のあとは、「お月見特別料理」が味わえる
「月見の宴」があります。
こちらは「西宮神社会館」にて。
有料(2016年は12000円)ですが、毎年参加者が
増えているようで、昨年(2015年)は100名を超えた
そうです。

参加した知人の話では「観月祭特別会席」だったそうで、
どの料理も大変美味しく、大満足だったと。
この「月見の宴」(晩餐会)の参加は9月9日までの予約
が必要です。
☎ 0798-33-0321


アクセス
阪神電車・西宮駅下車
南西方向へ300メートル。
阪急電車・夙川駅下車
南東1.2キロ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »